眼鏡が世界を救う。

おすぎです

ピーコです

おすぎぴーこですがなにか?

昨日、久々にTSUTAYAという、よくよく見るとキモイマークのレンタルビデオ店に行きまして、おぎやはぎのDVDを見て鑑賞していたんです。

もちろん独りで見てました。

独りで笑ってました。

僕はこんな人生が好きです

象さんの方がもっともっと好きです。

わたくしも一介のメガネっ子でございますから、いろんな感情を共有しまして、ホロりと涙を浮かべることも

あるわけないんですがねー

世の中、

児童虐待とか

児童虐待とか

児童虐待とか

暗いニュースが多いじゃないですか?

ウクライナの大統領候補も対立候補の策略でさだまさしから通常の1000倍のダスキンを売りつけられて、選挙資金が底を尽いたが一命を取り留めたとか

PSPの猪木の「1!!2!!、1!!2!!」のCMが本当は当初、オスマン・サンコンの「一個!!二個!!、一個!!二個!!サンコ~ン」を予定していたが、視力低下のため断念したとか

そういう落ち込んでしまうニュースの合間にお笑いでバカ見たく笑うのが健康にもいいんですよ。
[PR]

  by hosimango | 2004-12-14 10:46 | ホラ日記。

<< A priest-3 ほら吹き騎士の黄昏。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE