「ほっ」と。キャンペーン

クローバー

浅い闇だ

一面に四つ葉のクローバー

朝露に濡れてる

僕は気がついたらそこに仰向けに寝ていた

悲しいわけではないのに目尻に溜まっていた涙も

よく考えたら朝露だった

昨夜のことはよく覚えていないし

なぜこんなところに寝ているのだろうと

もたげた頭が痛む

もしかしたら飲み過ぎたのかもしれないけど

理由が思い出せない

まぁ、なにかなければこんなところに寝てないのだろうけれど

別に、なにかなくてもこんなところに寝たっていいじゃないかと

天邪鬼になってみたり

化学物質だらけの土に生まれた四つ葉のクローバーにだって生きる意味はあるわけだしさ

そんなどうでもいいことばかり考えていたら

浅い光だ
[PR]

  by hosimango | 2007-06-22 12:03 | 詩。

<< ゲイさんごめんなさい。やっぱり... 最近の読売の見出しがおかしい... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE