「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ブログを書くということ。( 1 )

 

ブログを書くということ。

「剥離した感情」

最近、生というものに、生きているということに、少しのズレを意識してしまう。

いつの頃からか、はっきりしないので「最近」ということにしてほしい。

なぜなのだろうか。

確実な答えはわからない。

けれど、その剥離した感情と意識とのズレを修復するため、取り戻すための方法が

濃霧の中に、答えのようなものが、小さな影として揺らいでいた。


「人間は考える葦だ。」

考えることが人間だ。

考えることを止めた時、人間は葦でしかない。それは人と同じく有用な物であるが、人間ではない。

「メメント・モリ。」

死を思え。

生を思え。つまり、生は考えるということ。

そうだ。

目で見、耳で聞き、口で味わい、手で触れ、肌で感じ、足で踏みしめたものを、

事件の現場検証にも似た、「考える」という行為を記録していくことにしよう。

生をというものが存在したという証拠を、今も存在し、虚ろでいるという事実を、手繰り寄せるために、

そして、いつの日か、生と一体となるために

僕は書くことにした。

何も難しいことをしようとするのではなく、

たいそれたことをしようとしているのでもなく、

馬と鹿の産んだものを

書くことにした。

ただそれだけの決意。
[PR]

  by hosimango | 2006-02-06 10:03 | ブログを書くということ。

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE