<   2005年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

くどい顔列伝。

b0053570_1081659.jpg
目黒祐樹
メグロユウキ

性別 : 男性
生年月日 : 1947年8月15日
星座 : しし座
出身地 : 東京
血液型 : A型

選考理由:ムダな爽やかさがクドさを強調している

そんな目黒祐樹ファン必見の本

タフガイ用語の基礎知識

ブルース・ウィリスのような危険とロマンが溢れるマッチョな生活を送りたい男
たちには、知っておくべきことがたくさんある。ヌーディスト・ビーチの場所、
ハンガリー語で「乾杯!」、「セックス中に空想してオーガズムを早めること」
の正式名称、芝刈り機レースの必勝法、ジミヘンの墓の場所、ガラガラヘビの料
理法、危険な職業の種類、宇宙でウ●コをする方法……極北の地でゴルフをした
り、爆弾を解体したりしているごく普通のタフガイが、男同士で熱く語り合い、
女を汗臭い魅力で引きつけ、悪者と戦って生き残るために必要不可欠な事柄を満
載。『試すな危険! 冒険野郎ハンドブック』で男どもの魂に火を付けたフルガ
ムが放つ、暑苦しいほど教養に満ちたガイズ・ガイド。

[PR]

  by hosimango | 2005-04-30 10:13 | ホラ日記。

どうでもいいですよ

どうでもいい話。

同僚が自分のことを亭主関白だと主張したいらしく

彼女に「風呂!! 寝る!! イク!!」しか言わないと言っていた。

「風呂!! 寝る!! 飯!!」と言い間違えたのか

それとも「風呂!! 寝る!! イク!!」でいいのか真意は定かではないが

付き合うだけだったら「飯!!」という機会も少ないわけで

一人で納得していた。僕。
[PR]

  by hosimango | 2005-04-30 09:26 | ホラ日記。

3秒。

今朝、夜勤明け 先輩たちとジョナサンで朝飯を食った。

三人で行ったんだが、三人共、シーフードカレーを注文。

テーブルに朝から、三つカレーが並ぶのもあまり見ない光景だが

記憶が確かなら、三人ともラッキョウを残していた気がする。

しかし、夜勤明けは腹が減るのだ。普通の時間帯に仕事のひとが帰りに一杯ひっかけるようなものだ。飲みすぎて絡んだり、事故ったりするのに比べれば、朝からカレーは極めて健全な交際だ。

もちろんノンアルコールだし。どこぞの元子役と「いい交際をしています」と抜かした黒田アーサーなんかに比べれば動機も清純だし。男だけだし。

「 安達祐実 に未練は無い」って、そりゃぁ、あれだけ売名できれば未練もないわけだ。

いつものように脱線してしまった。

いかん禁句だ。

話を戻すと、当然、話は職場の話になり、新人の話で盛り上がっていた。

季節は四月、出会いの時である。ホームで見かけるスーツ姿は初々しく微笑ましいものです。

しかし、時に例外もある。事実は小説よりも奇なりである。

今回の話の主人公の新人は

新人と言っても40代のオヤジである。妙に場馴れもしていた。

なぜ、40代のオヤジが新人?と多くの方が疑問に思うだろうが、ウチの職場が血液型B型率80%オーバーであるということだけで納得してほしい。

そのオヤジについて一言で言うと、溜まり醤油顔なのだ。

b0053570_12333124.jpg
芸能人で言うと石原裕次郎のモノマネをする石原祐太郎にくどさが似ている。

昭和の香りがする男なのだ。それも、赤いマフラーが似合いそうなくらいくどい。

今のイケメン仮面ライダーではなく、くどい頃の仮面ライダーである。

「やめろ~~っ!!ショッカー!!」と真顔で言って変身しそうなのである。

だが、藤岡弘の持つ、一種のくどさの中の爽やかさ

一点も無い。ある意味、蒼天である。

だから、仮面ライダーには変身できそうにない。おそらく秘密基地から脱出できず、完全に改造されてしまったのだろう。

なんせ

年号が昭和の頃から顔を醤油に漬けてました。

という顔なのだ。そして話によると自慢話ししかしないらしい。

かく言う僕も、彼を30秒以上は正視できない。

おまけに彼女は喫茶店には勤めていないらしく、ルーマニア人ということ。

益々、チェケラッチョな人である。
[PR]

  by hosimango | 2005-04-28 12:46 | ホラ日記。

Mr.Takeo-5

Mr.Takeo-4(前回)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

心地よい酔いの中、僕は「真人さぁ、その銃どうしたんだよ?」とヤツの腰にある銃を指して言った。

「ああ、カラッポの交番で見つけた。」と酔いのまわったヤツは答える。

「そっか、けっこう撃ったん?」と僕は続ける。

「そうだなぁ、あの坊さんで四人目かな。」

「そっか。」
[PR]

  by hosimango | 2005-04-27 21:10

ウイイレな日々。

マスターリーグ 2ndシーズン

以下、趣向が合えばどうぞ♪
[PR]

  by hosimango | 2005-04-27 20:57

風が舞って 通り過ぎた そうだね 君は確かにそこにいたよ

人の世はうつりげなもの

ひともまた然り

わかってはいても寂しいものです。

例えそれが会ったことも、話したことも、性別さえ知らないとしても

何年もネットをしていると、リアルに比べてそのサイクルが非常に短い気がします

とはいえ、レポートでは累計7000人を超えたとのこと

有難いものです

細くてもいい。できれば末永くお付き合いしていただければ幸いです。
[PR]

  by hosimango | 2005-04-26 20:42

溢れた感情は単純にこぼれる涙。

最近ね、

劇団ひとりに似てるって言われて

少し複雑な心境のコバルトです。

外見が似てるのか、芸風が似てるのか、かなり大きな違いがあると個人的に思うので。

今日は休みだったのでぼーっと「笑っていいとも」見てました。

「上手にウソをつきまSHOW!!」ってコーナーのゲストは劇団ひとり。

おもしろかったけど、僕の方がウソは上手いなって少し優越感にひたったり。

電車の脱線事故の死者が時間と供にすごい人数になって、取り上げ方も大きくなって

なんかキツイね。

「乗客に日本人はいませんでした。」

僕は埼玉人だけど、切ないよ。

これ以上、犠牲者が増えなければいいな。

昨日撮った「アンドリューNDR114」でも見て、現実逃避でもしようかな。
[PR]

  by hosimango | 2005-04-25 19:02 | ホラ日記。

ウイイレな日々。

ウイイレ知らないとつまんないよー。

マスターリーグ開始。
[PR]

  by hosimango | 2005-04-25 18:53

春だ二晩!!ケツメイシ祭り!!2日間だけお願いやらせて!!

行ってきましたよー 埼玉スーパーアリーナ!!

アリーナのFブロックだったので、一番後ろだったんだけど、最高っす

1万8千人を前にして

オープニングはCOMPLEXの「 BE MY BABY」

そしてRyoさんが「西川口流!!西川口流!!」を連呼

果ては「1個、10個、100個、1000個 ??」と観客に卑猥な言葉を強要する始末(苦笑)

2時間があっという間です。「涙」「さくら」「手紙-未来-」「トモダチ」「花鳥風月」「君にBUMP」

Ryojiさん歌上手いよー 

ダイノジ出てくるし(笑)

大蔵がダイノジに「売れてるか売れてないのかビミョーな中国製DVDみたいな芸人!!」

って厳しいツッコミが最高でした。

アンコールが揃わなかったのがちょっと残念でしたが。

また行きたいなぁと思いました。

一番印象深かったのは 後ろのギャルが「鬼やべぇ」って言ってたことかな

トータルテンボスのネタ以外でリアルで聞いた事なかったからねぇ

あと、2,3列前のパンチパーマのあんちゃんが、開演前は、絡まれたらどうしようとか小心者の僕は取り越し苦労をしてたんだけど(苦笑)。ケツメと一緒に「涙」を歌ってたのはなんとも微笑ましかったよw



あっ、そうそうアルバムが6月に出るそうですよ。
[PR]

  by hosimango | 2005-04-25 18:21

うんこの語源。

うんこの語源について語る際に避けて通れない言葉がある。それは似たような言葉「チンコ」である。ちんこは漢字で書くと朕子となる。この言葉は古くは奈良時代初期に編纂された古事記に見ることができる。これは日本という国が伊弉丑尊 (いざなみのみこと)と伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)の性交によって生まれるのであるが、その下りに朕子という言葉が出てくる。それは男性の生殖器そのものの表現であるが、編纂当時はチンコという言葉は皇族の特に天皇の生殖器をあらわし、その由来は諸説あるが、朕という表現が皇帝や天皇が自分のことを朕ということからもわかるように、チンコのチンは天皇をあらわし、その性交によって日本という国が生まれる。つまり子が生まれるわけである。チンコのコは子となる。「朕の子」それが短くなりチンコとなった。そしてこの朕子は当時の土着信仰の一つである男根崇拝、引いては神道において神として崇められていたのだ。初期においてチンコという言葉は皇族のみに使うことが許されたのであったし、そもそも一般人はその言葉を知る機会が無かった。ではどうやって今、この言葉がこんなにも広まったのだろうか?チンコという言葉が皇族以外の人間が使ったことが記されている最初の書物は、鎌倉末期の随筆。 吉田兼好が著した「徒然草」で初めて登場する。それは吉田兼好が能登に流刑に処された際、妻であるお唐から京からついた手紙について回想する下りでお唐が吉田兼好の男根を恋しがった際に、平仮名で「ちんこ」という記述があるのだ。そもそも平仮名は女性が使う言葉であったため、漢字ではなく平仮名で記したようだ。そしてこの徒然草は鎌倉時代末期の随筆であるため、幕府という武家が支配する体制になってから久しいため、武家の立場が強くなっていくと同時に、皇族や貴族での間でしか使われなかった言葉が徐々にではあるが、武士をとうして庶民の間にも広まってきたのである。そうやってちんこという言葉が使われることになって久しい。

さて、本題に入る。「うんこ」の語源であるが、これは享和 2‐文化 6に刊行された十返舎一九の著した滑稽本「東海道中膝栗毛」に出てくる。弥次郎兵衛と喜多八が江戸から東海道を京都へと行く珍道中を描いた作品である。そして宿場町の一つである沼津に宿をとった時に、登場する。当時のトイレは江戸において、既に公衆便所というものがり、庶民はここで用を足し、同時に憩いの場であった。そして江戸は当時、水道が発達しており、公衆便所は水洗便所であった。水洗といっても用水路を引き、自然に流れるようにしたもので、今の水洗便所とはまたかなり違うものであるが、U字溝の上に仕切が幾つもあると思ってもらいたい。用を足す直接の姿は見られないようになっており、この時代にプライバシーに配慮した造りであるのは日本の誇るべきものである。この水道網の発達によって諸外国の大都市がコレラの大流行などによって大量の死者が出たときも、人口100万人を抱える世界有数の大都市であった江戸においてそんなに大きな事件と成らなかった所以である。話を戻すと、沼津において公衆便所で弥次郎兵衛がなぜ水が流れないのかといぶかる場面があり、それを確かめようと隣の喜多八が使っていた便所を見ると喜多八さんの大便があまりにも多く、それが水路の流れを堰き止めていたのであった。それを弥次郎兵衛が揶揄するのだが、そのときに、チンコという言葉に掛けて「うぬのこ(おまえの子供)は立派だなぁ」と洒落を言うのである。これが当時、「東海道中膝栗毛」の大ヒットとともに庶民がマネをして「うぬのこ」という言葉を使うようになり、それが短くなり現在の「うんこ」になるのである。

世界大ホラ辞典第二版より。
[PR]

  by hosimango | 2005-04-21 10:15 | ホラ日記。

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE